トップページ Q&Aお問い合わせ

家具制作品
クラフト制作品オーダーの流れ制作日記オンラインショップカートの中facebookyoutube

crafts


crafts





茶道具のいろいろ




茶碗に合わせた木の蓋や、木箱。
お敷き入れや江岑棚(こうしんだな)。

ご依頼に合わせてお作りいたします。






お湯のみ蓋
お湯のみ蓋
茶道具
クルミの木箱





こちらはお湯のみに合わせた、木の蓋です。



茶色い釉薬の器だったので、ブラックウォルナットの木でお作りしました。


真鍮の取っ手、こちらも石谷のお手製です。




無塗装のクルミの木で作った箱に入れて。









真田紐で結わいて、完成です。



紐の結び方を忘れてしまったので教えてくださった、当のお客様にお任せしよう。

 

胡桃の木箱

胡桃の木箱




こちらは平らな陶器の器用の箱。同じく無塗装クルミの木でお作りしました。


こちらの器は、とある人間国宝さんの作だそうです。





ちいさなお茶碗に合わせた木の蓋。

桜の花のイメージで蓋をお作りしました。
木は山桜です。

器は相馬焼(φ60)




お茶碗に合わせた木の蓋。

木はクルミの木です。
拭き漆で仕上げました。

器によって、鑿や彫刻刀の刃痕を変えて、雰囲気が合うようにお作りしました。




※柱が曲がって見えるのは、カメラレンズの歪みです。

江岑棚(こうしんだな)や三木町棚(みきまちだな)と呼ばれる茶道具の一つです。
サイズや仕組みをご指示頂き制作いたしました。作り方や材料にも、様々なしきたりがある様ですが、私なりの解釈で作らせて頂きました。
設計はとても複雑なものになりました。


片手で抽斗を開閉するのが礼儀との事で、軽く動く様に仕込んであります。

脚は「ケヤキ材」を使っています。柱や抽斗部に使った「セン」と色は違いますが、木目は似ています。



「ロウソクホゾ」と呼ばれる継ぎ方をしているので、分解して仕舞っておく事が出来ます。


天板は端ツバメと呼ばれる仕口です。板の反りを抑え、なおかつ見た目もすっきり美しいです。









お敷き入れ

お敷のセットが入る箱です。

お持ちのお敷きに合わせて丁度良いサイズでそれぞれお作りしました。

幾つかまとめてご依頼いただいたものは、蓋の取っ手の木の種類を変えて、目印になるようにいたしました。色味の違う木を集めて使いました。





H100,W90,D96

栗の八角箱

お持ちの棗(ナツメ)を入れる箱が欲しいとのご依頼で作成させて頂きました。一風変わった八角箱です。


桐の箱

お茶碗を仕舞う桐で作った箱です。
お仕舞になるお茶碗に合わせてお作りしました。





※H125,W75,D75

柿の箱

アンティークのガラスの振出しを入れる箱のご依頼でした。




φ65

桜の木の蓋

摘みは真鍮を加工し、銀を被せたものです。




黒漆の蓋 (胡桃の木)

こちらは両手で持つぐらいの壺です。

箱も一緒にお作りしました。

摘みは真鍮を加工し、銀を被せたもの




茶碗箱

お茶碗を仕舞っておく箱です。

お茶碗が3つ入ります。

拭き漆仕上げ。

金具は真鍮製で、オリジナルのものです。


松の箱

風炉を仕舞っておく、大きな箱です。














ページトップへ
about us
家具設計製作工房 イシタニファーニチャー

Copyrightc2006-2017 ISHITANI FURNITURE.All Rights Reserved.
 [利用規約] [sitemap] [links]